03自社商品・サービスの強みを明確にしよう!

ギフト

自分の会社を創業する際に最も重要なことは、何をするのかを明確にすることです。単に会社を興したい、お金儲けをしたいというだけでは決して長続きしませんし、利益を上げることも難しいものです。

社会の中では様々な人が様々な形で貢献してお互いに協力していく場所でもあります。その中で自分が得意なことをすることが理想の社会でもあります。創業もその社会貢献の一つの形であり、自分がどのような商品やサービスを持って社会に貢献できるのかを明確にすることが非常に重要になるのです。

そしてその為の会社が大きくなることで、雇用の場所が生まれ働くことが出来る様になり、その人たちが物を買うことでお金の流れが生まれ、その流れが新しい物の欲求を生むことで新しい製品が生まれるというサイクルになるのです。

その為、自分で会社を創業する際には、どの様な形で社会に貢献していくのか、どの様な製品を作りそれが社会のどのような役に立つのかをしっかりと考えることが大切になるのです。その意味ではまず自社の製品やサービスの利点を明確にすることが大切になります。

このように創業にあたってはこのように第一に何をするのかを明確に決めることが大切です。その次に決めなければいけないのが、どのようにしてその商品やサービスを作り出し販売するかということです。

商品やサービスを作るための人材はどのくらい必要となるのか、また費用はどのくらいかかるのか、さらにはどのような形で販売するのかといった事を詳細に決めて行かなければなりません。また販売する際に必要な事はどのようなことが有るのか、法律的に問題がないかといったようなことも十分に確認しておくことが必要になります。その為、法律に詳しい人の助けが必要になる場合もあります。

更に商品を販売しても一定の売り上げがないと赤字になり会社は倒産してしまいます。その為製造を始める前にその位売ることが出来るのかを予測する必要があります。更にライバルに対する差別化にはどのような物が有るか、それを訴求する方法はどのようにするのかなどを事前に考慮しておく必要があります。その上で、自社の商品の強みを明確に出来るかどうかで成功するかどうかが決まるのです。

日本政策金融公庫のHPに「創業の手引」の冊子があります。そのP.12に商品内容の強みをいかに明確化するかの例があります。 上下をみくらべてみてください。どちらのお店のほうが成功しそうですか?

 

商品サービス

創業や経営相談の問い合わせはこちら

問い合わせする