創業は、時間がかかるもので起業として開始するだけでその目的が終わるような錯覚がありますがそうではなく、その事業を長く続けることが目的です。そして事業活動を行う上で避けて通れない問題が資金繰りです。資金繰りが止まったら事業は終わりのは当然で、資金は事業活動の中では人間の体を流れる血と同じです。

人間は血が流れないと吸収した栄養が行き届かず、死に至ります。この事業資金が枯渇するとたちまち事業活動の流れはとまります。事業活動していくには資金が枯渇してしますと購入した商品の決済もできず、社会保険や税金などの公的な負担金や事業をするうえでの電気代や公共系の料金の支払いや会社で従業員を抱えている場合には給与も支払うことができないことになります。

ではこの資金繰りをどのように具体的にすすめていくにはまずなにをするのか言いますと、事業資金計画を立案するべきで金融機関に融資を求めるには、明確な事業計画書が必要になります。

その事業計画書の数字を精査して現実的なものを記載しないと信用がなくなり、金融機関の融資審査については厳しくなるので、まずはこの事業計画書の立案に注力します。

しかしこの融資だけでは借入しか考えていないことになり、資金が会社に入ることについてバランスを欠くことになります。そのため企業が持つ債権の内容も吟味してみる必要もあります。

その売掛債権が期日がかなり先の約束手形が多いのか、それともすぐに期日が到来する債権かなどの現金化してすぐさまキャッシュフローできるかどうかがポイントです。

その売掛債権もファクタリングを使って売却して資金を得て、当面に資金のすぐにあてるかどうかも検討するなど資金計画は総合的に検討するべき、このように資金繰りの中にリスクを上手く分散してバランスよくしておかないといざ一つの資金源から事業資金が捻出できないときには次善の策をとれないとはならないように綿密に計画しておく必要があります。

一般的に事業を行っていく上で、不当たりの約束手形を2回出してしまいますと、銀行取引停止でそこで事業は完全にストップで倒産となります。その意味でも安定した資金繰りを常に念頭に置かないといけないです。

カテゴリー: ノウハウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください